相続するとき

老夫婦と資料

遺産相続の中でもかなり大きな遺産といわれているのが不動産ですが、相続した時には税金が発生するので不動産売却をする人も多くいます。相続税対策の為にも事前に納税資金を作っておくことが大切です。

Read more

昔からある賃貸

パソコンを見る男女

江戸時代から確立されてきたと言われる賃貸住宅は、現在もなお多くの人に利用されていますが、時代の変化に伴って賃貸住宅の設備やサービス、賃貸料なども変わりつつあります。

Read more

目で確認する

パステルカラーの一戸建て

注文住宅を購入した時には、建てる際に自分の目で工事現場を確認することも大切です。頻繁に現場に足を運んで現場を確認することによって、図面と工事の照らし合わせを行うことができるので思い描いた家をゲットすることができます。

Read more

多くの建設

カードと財布

大塚建設では最近の災害に強い住宅や建物を建設しています。建設における様々な技術進歩がされている中でも、建設業界は現在人手不足になってきており、外国人労働者も数多く働いています。

Read more

離婚した時は

キーボードと案内する人形

株式会社ユタカコーポレーション

城東区にある賃貸物件の情報が多数あり!新生活を始める方や引っ越しを考えている方必見です。

株式会社 富士住研

寝屋川の新築一戸建ての情報はこちら。分譲実績が豊富な会社なので丁寧で安心できるサポートが受けられますよ。

以前に夫婦だった者が離婚をした場合、これらの間で相続の権利を生じるのでしょうか。実は、このような場合は元配偶者に対して相続権が付与されません。相続の権利は、民法という法律によって誰がどの程度の割合で継承することができるのかがきちんと明記されているため、それに従う必要があるのです。基本的に、財産を引き継ぐためにはその財産を持っている人と法律的な血縁関係でなくてはいけません。離婚をした場合には、家族としての関係が無くなってしまうため相続権は付与されないのです。これは、内縁関係にも言えることです。仮に、内縁関係にあって外見上は夫婦と見られるものであっても法的には相続権がないと判断されることもあるため注意が必要です。

仮に、内縁関係にあった者でその者との間に子供が生まれた場合にはどのような処置がとられるのでしょうか。この場合、きちんとした相続権を付与させたいのならば父親が亡くなる前にきちんとその子供を認知しておかなくてはいけません。認知というのは、内縁関係にある子供に対して自身の子供であることを法律的に宣言することを言います。このようにしておくと、たとえ内縁関係で法律的な相続権がなかったとしても民法上で相続ができるようになるため安心して遺産を継承できます。特に、離婚や内縁関係には複雑な人間関係が絡んでくることがあるため必ず相続権の所在は確認しておかなくてはいけません。そうしておくことで、事前に面倒な相続トラブルを避けることができます。大阪には有能な弁護士や司法書士、行政書士などがいます。もし、相続対策を事前にしておきたいと考えた場合や相続トラブルに巻き込まれてしまった場合には、早めに相談しておくと良いでしょう。適切なアドバイスをもらえるはずです。

オススメリンク

  • 株式会社アクトイノベーション

    久留米での土地情報について調べておきたい人は必見になりますよ。専門業者が条件にあう物件を紹介してくれる。
  • ビーエムプランニング

    埼玉で注文住宅に関する相談が気軽に行なえる!プロが一つひとつ丁寧に説明してくれるので安心ですよ。
  • 徳栄建設株式会社

    定期的に分譲住宅の見学会を実施しているのが特徴です。川西で一戸建ての購入を検討しているならサイトをクリック!