目で確認する

パステルカラーの一戸建て

注文住宅の魅力の一つに工事中の作業の様子が確認できるということがあります。壁や床などは建物が完成してからでも確認することは可能です。しかし柱や土台、壁の中の断熱や電気の配線は工事中、次の工程を行うまでの時間しか確認したり目にすることができないのです。注文住宅だから、建売住宅だからというわけではありませんが業者の中にはこういった目に見えない部分をいい加減に仕上げる業者もいるのです。管理している建築会社も見て見ぬふりをしているケースもありますし全く管理されていないケースもあります。自宅がそういった欠陥住宅にならないためにもしっかりと工事中の住宅を確認することは重要なのです。工事現場を訪れることは工事をいい加減にさせないだけでなく施主にとってもたくさんのメリットがあるのです。

せっかく理想通りの注文住宅を設計しても現場がその図面通りでなければ満足した家とは言えません。本来は図面の段階で気づくのが建築士などプロの仕事ですが中には図面通りだと施工できないといった図面もあるのです。どの家でもこうしたちょっとした現場での確認事項、トラブルというのは発生します。何も全くない家というのはほとんどないといってもよいです。その時にどのような対応がとられるかというのも現場に足を運ぶ施主とそうでない施主では変わることがあるのです。現場によく足を運ぶ施主なら現場の作業員が問題点を施主にわかりやすく説明してくれた上で対策や代替案の提案を行ってくれます。実際に現場で理解しながら代替案を検討することができるのです。現場に足を運ばずに電話などで解決した場合思っていたのと違うというトラブルが発生してしまうこともあるのです。 より満足のいく注文住宅を建てるためにもしっかりと頻繁に現場に足を運ぶことは大切です。