相続するとき

老夫婦と資料

 ある程度の年齢になると、自分の死後のことを考えるようになる人がたくさんいます。自分で葬儀の準備をしておく人もいれば、相続トラブルを起こさせないようにとの思いから遺言書を作成しておく人もいます。財産をたくさん残しておいてやれば相続人が喜んでくれるだろうと考える人が多いですが、財産のほとんどが不動産である場合には注意が必要です。遺産額にもよりますが、遺産を相続した人は、相続税を支払わなくてはならないことになっています。遺産のほとんどが不動産である場合、税金の額がかなり高額になる可能性があります。結果的に不動産売却しなければ納税できないという状況に陥るケースが多いのですが、売りに出した時にすんなり不動産売却できるという保証はありません。ですので、相続人に余計な負担をかけたくないと考えている場合には、生前に何らかの対策を講じておく必要があります。

 具体的にどのような対策を講じておくことができるのかというと、一番手っ取り早いのは、一部の不動産を売却をして相続税用の現金を作っておくという方法です。生前であれば、余裕を持って不動産売却を行うことができますので、有利な価格で売却できる可能性があります。実際に相続が発生した後で不動産売却を行うということになると、税金の納期限の都合がありますので、二束三文の値段で売らざるをえなくなってしまうことが多いです。売り急いでいる場合は、どうしても買主に足元を見られてしまいますから、想像以上の安値で買い叩かれてしまう可能性があります。それを避けたいのであれば、生前に不動産売却を行って、納税資金を作っておくのが望ましいです。それ以外にも、生命保険を利用するという方法などがあります。